2017年3月25日土曜日

OM-D E-M1 Mark IIで変わったこと。

結局、カメラの性能が上がろうが自分が撮るものは一切変わらなかった。植物や動物の不思議、みなさんと共有したい綺麗な景色、友人や家族との思い出の記録。

新宿御苑

2017年3月15日水曜日

OM-D E-M1 Mark II ショット数の傾向と対策。

購入からまもなく3ヶ月になる我が家のOM-D E-M1 Mark II。一通り機能を試して一段落したので、ショット数を確認してみることにしました。

◆OM-D E-M1 Mark II ショット数の確認方法
  1. MENUボタンを押しながら電源ON
  2. 液晶モニターに画面が表示されたらMENUを離し、もう一度MENUを押す
  3. 十字キーを使ってモニタ調整へ移動
  4. OKまたは右を押してモニタ調整へ入り、OKを押すと「OLYMPUS E-M1MarkII 01 01 01 01」という画面に変わる
  5. 十字キーの上、下、左、右、シャッターを押す
  6. 十字キーの右でPAGE2が表示される

    MS: シャッター回数
    : フラッシュ撮影回数
    C: クリーニングモード回数
    U: 超音波ダストリダクション回数
    V: ライブビュー撮影回数(OM-D E-M1 Mark II 未使用項目)
    B: 手ぶれ補正撮影回数

  7. 確認を終えたら電源OFF

2017年3月8日水曜日

OM-D E-M1 Mark II でハイレゾショット。

遅ればせながらOM-D E-M1 Mark IIでハイレゾショットを使いはじめました。OM-D E-M1 Mark IIで生成できる画像は5000万画素相当。被写体の動きによる画像の乱れを効果的に抑制できるようになり、従来より実用的になったのが売りのようですが、、、

初Hi-Res Shot^^;
初ハイレゾショット^^; @PCT

2017年3月2日木曜日

OM-D E-M1 Mark II でモノクロ/カラープロファイルコントロール。

プロファイルコントロールは、2016年2月に発売されたデジタルPEN-Fだけに搭載されている、クリエイティブダイヤルでフィルム写真のプロセス(フィルム選び、撮影、現像、焼付け)を行うように作品づくりが楽しめるという、簡単に言うとアートフィルター作成機能です。昨年末に発売されたOM-D E-M1 Mark IIには残念ながら搭載されませんでしたが、OM-D E-M1 Mark IIで撮影したRAWファイルであれば、OLYMPUS Viewer 3で楽しめるというので使ってみました。