2017-07-22

見守れる?ニンテンドースイッチの注目機能。

ようやく我が家にも「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」が届きました。Wii U版スプラトゥーンの発売日が2015年5月28日(木)なので、もう2年が経過したことになる。未だに遊んでいる長寿ソフトの最新作がハードを変えて登場ということで、子供たちは喜びを爆発させておりますが、個人的に注目してるニンテンドースイッチの新機能について、、、

◆Nintendo Switchのスペック

CPU: 4コアCPU x2, 1GHz
RAM: 4GB
GPU: NVIDIA Tegra X1
ストレージ: 32GB
液晶: 6.2インチ 1280×720
Wi-Fi: 802.11 ac
バッテリー: 4,310mAh
重量:  398g(ジョイコン取付時)



◆Switchは、どうやって入手した?

2017年5月18日(木)9時に、このセットのインターネット予約が開始されました。Amazon、ヨドバシ、ビックカメラは瞬殺だった模様。しまったと慌てて調べ始めたのが11時過ぎで、先の店舗は勿論トイザらスもダメ。そこで、リアルタイム検索をしたところ、セブン&アイはまだ在庫あるよーというツイートを見つけて、トントン拍子に予約完了。でも、そこもすぐ売り切れになった。友人からは「郊外のTSUTAYAやゲオをマメにチェックしてると普通に買えるよ。」という情報を聞いていたので特に焦りはなかったけど、すんなり予約できてよかった。(-人-)アリガタヤ~


ジョイコンが素晴らしい

全体的に丸みを帯びたデザインで、コントローラー本体は感触のよい質感。操作性は、Wiiリモコンとヌンチャクを更に進化させたようなイメージです。スティックとボタンの位置が左右非対称なのが不思議だったが、実際に操作してみるとやたら脳が刺激されて自分のボケ防止にピッタリです^^; 任天堂Wii系のテレビ画面のキーボード入力は、ソニーやアップル製品より圧倒的に使いやすくていつも感心するんだけど、今回も期待通りの動きをしてくれます。ただ、本体やストラップに取り付ける際に少々引っかかりがあったので、レール部分にシリコンを塗布しました。


◆みまもりSwitchの落とし穴



Nintendo Switch発表の時から、購入したら使ってみたいと思っていたのが「みまもりSwitch」。まさかとは思ったが、本体1台に設定できる時間制限は1つだけです。また、ゲームを終了しても本体をスリープしないとカウントダウンされていく鬼仕様。ソフトウェア更新時も同様に消化される。個別に時間制限を設定することができないので、一人がやりたい放題すると家族全員を道連れにして強制終了となる(笑。また、ゲームが強制終了されると、あとは保護者が暗証番号を入力して「みまもり設定をOFF」にするしかありません。面白そうな機能なので、まずは1日で遊べる時間を2時間に設定して、ご褒美で延長したり一時的にみまもり設定をOFFするなど工夫しながら使ってみることにしました。



◆やる気スイッチの勘所

1日にあそぶ時間というのは実に奥が深い。基本1人1時間にして、勉強を頑張れば1人30分間を追加すると子供たちは遊びも勉強もバランスよく取り組む。ところが最初から3時間を設定すると、今度はだらだらと遊び続けて勉強は一切しなくなった。

<1日にあそぶ時間の設定と傾向>
  • 1時間半/人→ゲーム中心の1日
  • 1時間 /人→映画を観たり読書をする。たまに勉強する
  • 30分 /人→ゲームも勉強もやる気が無くなる

ゲームはひとり1日1時間というのは絶妙な配分だった模様。また、Switchを遊び終えると3DSで遊び続けるかと思いきや一切やらない。とにかくサーモンランやヒーローモードが楽しいので、今はスプラトゥーン2に集中したいそうである。子供たちはスプラトゥーン2発売から以下の設定でOKのようです。

  • 1日にあそぶ時間:2時間15分(兄弟2人分)
  • おやすみアラーム:20:00
  • ソフトを中断する:OFF
  • 夏休みの宿題を頑張った分だけ時間を延長できる特典付き!

◆導入1ヶ月後...

実際に自分も制限される側になって、超楽しいサーモンランとガチマッチをやっていると、任天堂のきめ細かいサービスに唸るばかりです。最初は不便だと思っていた1台で共有する設定は連帯責任を意識するようになり、大人でも「今日は1時間でやめとくか...」という気持ちになる。終了1時間前、30分前に軽くベルがなり、5分前になると1分単位でカウントダウン。終了時間になると「今日はもう終わりにしましょう。」と優しく促してくれる。中毒性のあるスプラトゥーンには必須の機能かも(笑)現在は、NECの「こども安心ネットタイマー」を併用しているんだけど、この話はまた別の機会に。

子どもを守る便利な機能! こども安心ネットタイマー | ルータ活用コンテンツ | AtermStation