OM-D E-M1 Mark II ショット数の傾向と対策。 | 43デジカメ*ラボ 43デジカメ*ラボ : OM-D E-M1 Mark II ショット数の傾向と対策。

2017-03-15

OM-D E-M1 Mark II ショット数の傾向と対策。

購入からまもなく3ヶ月になる我が家のOM-D E-M1 Mark II。一通り機能を試して一段落したので、ショット数を確認してみることにしました。

◆OM-D E-M1 Mark II ショット数の確認方法
  1. MENUボタンを押しながら電源ON
  2. 液晶モニターに画面が表示されたらMENUを離し、もう一度MENUを押す
  3. 十字キーを使ってモニタ調整へ移動
  4. OKまたは右を押してモニタ調整へ入り、OKを押すと「OLYMPUS E-M1MarkII 01 01 01 01」という画面に変わる
  5. 十字キーの上、下、左、右、シャッターを押す
  6. 十字キーの右でPAGE2が表示される

    MS: シャッター回数

    S: フラッシュ撮影回数

    C: クリーニングモード回数
    U: 超音波ダストリダクション回数
    V: ライブビュー撮影回数(OM-D E-M1 Mark II 未使用項目)
    B: 手ぶれ補正撮影回数
    L: 
    (OM-D E-M1 Mark II 未使用項目)

  7. 確認を終えたら電源OFF

で、結果はどうだったかというと、、、
 
んん??なんだこれは?

シャッター回数がRからMSに変更されたようです。購入直後97だったシャッター回数は、2878となっていました。そして、注目の手ぶれ補正撮影回数ですが、シャッター回数を上回ってます。あれれ?では、手ぶれ補正を切って撮影したらどうなんだと検証したところ、それでもMSとBのカウントが一緒に上ってしまいました。ファームウェアはVer.1.1。つまり、これはバグではないだろうか??

ちなみに初代E-M1は、手ぶれ補正をOFFにして撮影してもBのカウントは上がりませんでした。これまで、フローティングシャッター機構の恩恵をひしひしと感じていたので、Bのカウントは密かに楽しみでしたが確認できず残念。初代E-M1のショット数は現在38 ,179回で約1 ,000ショット/月なので、自分がE-M1系に割り当てている時間は従来と大差ないようです。


◆10月19日更新

十字キーの他のPAGEについても記録を残しておきます。ファームウェアVer.1.3

PAGE 1(十字キー: 上)

B: ?
U: ?
H: ?
C: ?
A: ?
L: ?
F: ?
M: ?



E-M1 Mark II
E-M1
E-M5
B
1001
1000
1000
U
1302
1400
4200
1400
2202
1400
H
602
B10
-
C
0000
1000
1000
A
-
-
-
L
1120
101A
2100
1200
1301
120A
F
-
-
-
M
1002
A800
0151


PAGE 3(十字キー: 下)

CS: シリアル番号
MCS: モデル番号(4桁) + 製造年月(3桁) + 9桁のシリアル番号?(ex 4183YMMSSSSSSRRR)
CSD: モデル番号(4桁) + 製造年月(3桁) + 17のシリアル番号?(ex 4182YMMSSSSSSZZZZZZZZZZZ)


現在、PAGE 3のCSDは購入2ヶ月前の610 (2016年10月)だが、MCSは703(2017年3月)となっている。今回、定期診断でMCSが更新されたので、MCSはメイン基板のモデル番号と製造年月と言えそう。


Model
E-M1 Mark II
E-M1
E-M5
MCS
4183
4138
4151
CSD
4182
4137
4150



D: (十字キー: 左)

ダメージコード。現在は記録なし